小笠原 母島 ミレニアム ツアー

1999年12月29日から2000年1月4日

平塚ブルーフィールドに集まる仲間で小笠原諸島、母島に

ダイビングに行って来ました。

母島は、昨年春からダイビングが解禁されたばかりで、まだ手つかずの海。

 日本で最初の初日の出も見られ、また、日本で一番早い海開きでも有名です。

竹芝桟橋から小笠原海運小笠原丸で約26時間で父島。

そこからさらにははじま丸で2時間船にゆられやっと到着です。

父島に着く頃には、空もすっきりと晴れわたり気分も爽快。

みんな期待に胸をふくらませていたのですが、母島が見えてくる頃

空が曇りだしいやーなかんじが・・・・・・(^_^;)

残念ながら今回の天気は、曇りばかりで晴れ間はほんの1日だけ。

それでも母島の海は透明度抜群! (^_^)v

カメラの設定ミスでワイドは大失敗でしたが (-_-;) ゆっくりご覧下さい。

リンク

母島ダイビングサービス「クラブ・ノア」

インデックスをクリックすれば拡大写真が表示されます。

撮影機材:陸上 NIKON F90X  24〜120mm Zoom

                       水中 Nikon F90X  SIGMA AF 15mm Fisheye

                      Minolta ベクティスS-1 50mm Macro

                      Nikon Coolpix 700  DIV Housing


小笠原丸の航跡、寒い東京さようなら 父島が見えてきました。天気も良く、さすが南国 Tシャツも心地よい暖かさ
しばし休息、一日ぶりの地面です これから乗るははじま丸です ははじま丸の空 母島が見えてきました
出迎えの漁船です 港です 脇浜ビーチ、日本でいちばん早い海開きのビーチ 南国の花たち ハイビスカス、咲き乱れています
鯨のモニュメント 民宿「ナチュラルビートクラブ」 オーナー、オーシャンカヤックが得意です ここが僕らの部屋です 明日に備えてみんなでカメラのセッティング
透明度抜群 小さなハゼ シャコ貝、いっぱいいます
ヒトデくん 月岡プロ 大きなイセエビ、たべたーい! 1999年ラストダイブ開始
寝ていた魚さんごめんなさい 2000年カウントダウン、水面で待ちます 午前0時、おめでとう2000年。花火が打ち上げられました 堤防では垂れ幕が Happy New Year
今年もよろしく(久保田さん)
母島ではあまり見かけません 岡べっちGO! 共生ハゼ。後ろにエビがいます(見えますか?) 次のポイントへ
シャコ貝 クサビライシの仲間 ヒトデの足だよ ゆうぜんカップル
がんばるぞー 沈船
シカクナマコ タテジマキンチャクダイ
ハタタテハゼ
ナガレヘラハナサンゴ ハナグロチョウチョウウオ
シチセンチョウチョウウオ いよいよ出港です。これからまた寒い本土へ帰ります
島のはずれに虹が 父島での見送り ボートが後を追います 最後には海へ飛び込みます

戻る

HOME