予防接種の意義


赤ちゃんの病期に対する抵抗力(免疫力)は、生まれた直後にはお母さんからもらった力がありますが、
生後3〜8ヶ月頃までに自然になくなっていきます
また、この時期には外にでることもふえ、病気にかかる機会も多くなります。
保育園や、幼稚園に入るまでには予防接種で免疫をつけ、伝染病にかからないように予防しましょう。

最近は、各種予防接種が、集団接種から個別接種に移行しており、
お母さんが積極的に接種のスケジュールを考えていかないと、接種時期を逃してしまうことがあります。
主治医の先生と相談して、早めにスケジュールを立てましょう。
特に、保育園に入園する子は、感染の機会も多くなるので、入園前にできるだけ終了させてください。

当院では、 肺炎球菌、ヒブ、4種混合、三種混合、ポリオ麻しん風しん(MR)
日本脳炎、BCG
の公費接種を行っています。
小田原市箱根町真鶴町湯河原町の方は無料で接種できます。
また、B型肝炎、ロタ、インフルエンザ、水痘(水疱瘡)、おたふく等の接種も
希望者には、接種しております。
ご希望の方は、市町村より配布されたパンフレットをよくお読みになったうえ
電話にてご確認のうえ受診してください。


接種は出来るだけ早期に開始した方が良いです(生後2ヶ月から開始しましょ


:0465-22-2716(AM9:00-PM6:00)